PCR

今日のPCRはルーティン化され、扱いが楽です。ただし、それが初めての作業となると事情は変わります。そんな状況であれば、アッセイから得られる結果が見込みと異なってしまうことがないよう、高品質のPCRサイクラーと消耗品をお使い下さい。気化を防ぎ、ウェルを再利用をしている場合でも、安定した結果が得られるようブロックの均一性を高く保つため、EppendorfはMastercycler proに特殊なカバーを装備しました。(mention nexus!?) また、オートメーションのためにしっかりとした形状を持たせるため、twin.tec PCR Plateは2つの素材で構成されています。作業手順に合わせて、5色のカラーを使い分けていただくこともできます。華美にならない程度に、PCRを美しくお使い下さい。

時間節約!CO2排出削減!静かな実験室!

楽しいインフォグラフィックでご説明します。

PCRを最大限に活かしましょう

LoBindのポリプロピレンウェルは、ターゲット分子の回収率を最大にするように設計されています。DNAはポリプロピレンと結合する可能性は低いため、反応液内にとどまります。ピペッティング時の収率に有効であるだけでなく、PCR.LoBindなどの化学反応でより多くの分子が扱えることを示しています。
蛍光強度増幅によりqPCR反応の感度は向上します。グラフは、ツインテクリアルタイムPCRプレートを使用すると、フロストウェル使用時に比べ最大10倍の蛍光強度測定値を得られること示しています。