Eppendorf TrackIT

Eppendorf TrackIT
Eppendorf TrackIT
Eppendorf TrackIT

Eppendorf TrackItによるEppendorfピペットの管理ラボ全体に含まれるピペットのサーチを行うことなく、各ピペットの重要データを簡単にチェックできます。Eppendorfピペットには、TrackItリーダーにて判読/編集できるデータチップが取り付けられています。ピペットの情報は全てTrackItソフトウェアに保存されており、実験室データベースに自動送信することが可能です。 詳細情報

Inquire Now
希望小売価格
¥ 66,300
(税込価格: ¥ 71,604)
Your Price
¥ 66,300
(税込価格: ¥ 71,604)

製品情報

ピペットポートフォリオのトレーサビリティ改善のため、EppendorfではEppendorf TrackITをご提供しています。 RFIDリーダーとソフトウェアで液体取扱い機器内の組み込みRFIDチップからデバイスデータをスキャンし、これをデータベースに保存します。データベースは随時開くことができます。

Display of the device data: The "Identification" and "Factory Adjustment" areas are described in the factory and cannot be changed. In the "Custom Data" section, TrackIT can be used to adapt all data fields to your own requirements and save them on the memory chip of the pipette. TrackIT can read this data, display it and make it available as a data record for import into other systems.

Eppendorf TrackIT

Display of the calibration data: The Eppendorf Service* can store the data of the last calibration on the RFID chip of the pipette. TrackIT can read this data, display it and make it available as a data record for import into other systems. (*This service is only available on request and not in all countries.)

Eppendorf TrackIT

Display of the TrackIT database: All pipette data read with TrackIT are stored in TrackIT. Saved data sets can be searched and displayed again using the filters. TrackIT supports the automatic export of records to other databases.

Eppendorf TrackIT

特徴

  • 明白な機器の識別:ほぼ全てのリキッドハンドリング装置は、シリアル番号、分注容量、出荷時設定データなどの全ての関連ピペットデータを含むRFIDチップを備えています。これらのデータは、ピペットを明確に識別し、変更または削除できません
  • 特定のユーザー情報などの容易な文書化
  • Eppendorf TrackITソフトウェアは、システムを実装するために情報を複数のフォーマット(HTML、XMLおよびCVS)で、電子ラボブックやLIMSなどの既存のソフトウェアにエクスポートします。

アプリケーション

  • 機器の認識
  • 実験で使用される機器のトレーサビリティ
  • 機器の個別化
  • 全ての関連機器データの文書を印刷
  • 全ての関連機器情報をデジタル文書で使用可能にします
  • サービス履歴の文書化
Eppendorf TrackIT
動画: Eppendorf TrackIT – ビデオ – The New Legend