手動リキッドハンドリング

細部に至るまでの完璧さ - その原則が、Eppendorfの手持ち式ピペットと関連する消耗品の素晴らしさを決定づけている重要要素です。
リキッドハンドリングに携わってきた50年を超える経験が、いくつもの賞に輝いたデザインや他に類のない製品、厳選された素材、そして何より使われる人が必要とする優れた性能を約束する製品を生み出しています。

Eppendorfのリキッドハンドリング機器のポートフォリオ
Eppendorfは微量システムの考案者として、ごく微量の液体を扱う手動あるいは自動によるピペッティング/分注、搬送の分野で50年を超える経験を積み重ねてきました。その基準は、Eppendorfの品質管理コンセプト(例:再現性と正確性に関するガイドライン)によって決められています。そのコンセプトは必要な結果を得るのに欠かせない基準をしっかりとクリアしながら、欠かすことのできない再現精度を確保するためのものです。
Which Pipette Is the Right One for My Application?

Many “secret recipes” for handling problematic liquids have been passed down. The pipette tip is cut off in order to pipette viscous liquids. Ethanol and acetone are pipetted in a race against time, at the fastest possible speed, for liquids could simply drip out of the tip. At times, even detergent residue inside the tip is tolerated. These methods are not particularly precise. There is another way.

In our Liquid Guide, you can learn more on typical challenges in routine pipetting and how to deal with them. We present which pipettes are suitable for you, provide solutions for more precise pipetting results, and helpful posters, application notes and videos.

Learn More
.