手動リキッドハンドリング

細部に至るまでの完璧さ - その原則が、Eppendorfの手持ち式ピペットと関連する消耗品の素晴らしさを決定づけている重要要素です。
リキッドハンドリングに携わってきた50年を超える経験が、いくつもの賞に輝いたデザインや他に類のない製品、厳選された素材、そして何より使われる人が必要とする優れた性能を約束する製品を生み出しています。

Eppendorfのリキッドハンドリング機器のポートフォリオ
Eppendorfは微量システムの考案者として、ごく微量の液体を扱う手動あるいは自動によるピペッティング/分注、搬送の分野で50年を超える経験を積み重ねてきました。その基準は、Eppendorfの品質管理コンセプト(例:再現性と正確性に関するガイドライン)によって決められています。そのコンセプトは必要な結果を得るのに欠かせない基準をしっかりとクリアしながら、欠かすことのできない再現精度を確保するためのものです。
アプリケーションに適したピペットはどれですか?

問題のある液体を扱うための多くの「秘密のレシピ」が伝えられてきました。 ピペットチップは粘性液体をピペットで取るために切り取られている。 エタノールとアセトンは可能な限り速い速度で、時間の経過とともに競合しながらピペットで移され、液体が先端から滴り落ちることがあります。 時には、チップ内部の洗剤残留物でさえも許容されます。 これらの方法は特に正確ではありません。 別の方法があります。

液体ガイドでは、日常的なピペッティングの典型的な課題とその対処方法についてさらに学ぶことができます。 どのピペットがあなたに適しているかを提示し、より正確なピペッティング結果のためのソリューション、そして役に立つポスター、アプリケーションノートとビデオを提供します。

もっと詳しく知る
.