Protein LoBind Tubes

Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes
Protein LoBind Tubes

Eppendorf Protein LoBind プレートは、プロテオミクスやプロテイン研究の分野専用に設計されています。この場合、プロテイン濃度は非常に小さくなる傾向になり、サンプル回収は分析試料の結果に対して不可欠となります。 下流分析用に多くのプロテインが回収され、酵素は活性状態のままです。 詳細情報

Inquire Now

さらに見る (1)

製品情報

生物サンプルを標準容器で保存またはインキュベーションするとき、サンプルがプラスチック表面と結合することで、24 時間以内にサンプル容量の90%以上が失われることもあります。 Protein LoBind Tubeでは、サンプルが表面に結合しにくくなっているため、サンプルを最大限回収することができます。特殊な2成分ポリマーにより形成される親水性の表面が回収率を高めており、貴重なサンプルを最適に回収できることを保証します。Protein LoBind Tubeは、タンパク質研究または繊細なプロテオミクス試験で使用するために特別に開発された製品で、多くの場合、解析結果が大幅に改善されます。

Eppendorf Protein LoBind製品


これらの製品は、様々なサンプル容量や処理速度に対応する色々なアプリケーションニーズに適応する、チューブ、マイクロプレートおよびdeepwellプレートフォーマットに展開されています。

Protein LoBind Tubes

傑出した高いタンパク質回収率


96時間のインキュベーション後に他のローバインドチューブと比較した際、Eppendorf Protein LoBind Tubesは非常に高いタンパク質回収率を示しました。(詳細はアプリケーションノート180を参照して下さい。)

Protein LoBind Tubes

MALDI–TOF分析


ペプチオアンジオテンシンのMALDI–TOF分析時、標準のチューブを使用したときと比較して、Eppendorf Protein LoBind Tubesは非常に高いシグナル検知率を示しました。1 pmol時、標準のマイクロテストチューブでは分析不能となりました。矢印は各実験におけるシグナルを示しています。(出典:Dr. S. Seeber およびDr. Humeny、Institute of Biochemistry, University of Erlangen-Nürnberg, Germany)。詳細についてはアプリケーションノート180をご覧ください。

Protein LoBind Tubes

特徴

  • LoBind材料は最大限のサンプル回収を保証し、アッセイ結果を改善します
  • サンプルの干渉リスクを最小限にする表面コーティング(例:シリコン)なし
  • ロット別認定PCR clean純度等級: ヒトDNA、DNase、RNase、PCR阻害因子皆無
  • 様々な実験スケールに対応できるよう、チューブ、マイクロプレート、ディープウェルプレート製品をご用意しています
  • 精確なカバーシーリングで蒸発を軽減

アプリケーション

  • タンパク質、ペプチド、抗体サンプルの調製または保管
  • 酵素反応にも適しています。–親水性の表面は酵素がチューブ壁に接触した際の変性を低減します
  • ウィルス保存時のサンプルロスの低減にも効果があります
  • 細胞懸濁液の保管

こちらにもご興味があるかもしれません