Eppendorf Tubes® 5.0 mL

New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
New
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
Eppendorf Tubes® 5.0 mL

Eppendorf チューブ 5.0 mL - 欠如してきたリンク«! この製品は、中間–サイズのサンプル量に対して最適な選択となります。この製品は、既存のチューブのフォーマット間のギャップを埋め、5.0 mLまでのサンプル量の簡単で安全な処理を可能にします。 詳細情報

Inquire Now
さらに見る (10)

製品情報

Eppendorf チューブは0.5~2.0 mLの簡単で安全なサンプル調製の基準です。これ以上の容量には、15 mLおよび50 mLのコニカルチューブを利用できます。中間サンプル容量では、以下の問題が生じる場合があります。大型のコニカルスクリューキャップチュープで処理する必要があります。すなわち、実用的でなく、不便で、コンタミネーションが起こりやすくなります。ナップキャップとスクリューキャップフォーマットの可用性でサンプル調製、培養、保管その他用途で異なる要求事項に最適なオプションが可能になります。

消耗品は必ずしもすべてが等しく作成されているとは限りません!

プラスチック製消耗品(漂白対応)から放出される物質はラボの実験に影響します。 UV帯域の光をこれが吸収するとDNAやたんぱく質の定量分析を阻害します。 Eppendorf5.0 mLチューブはスリップ剤、可塑剤、殺生物剤--生体分析やラボ計測に影響を及ぼす恐れのある物質--を使用せずに製造され、サンプル調製と保管を安全にできます。 グラフ: チューブ入り純水で培養したときのUV吸光スペクトルを表示したもの(30 分 90 °C)のメーカー比較。 図に示したデータは5.0mLスナップキャップフォーマットを使用して生成したものです-詳細および手順の解説については、アプリケーションノート264を参照してください。

Eppendorf Tubes® 5.0 mL

5.0 mLシステム

50年前にEppendorf は1.5 mlチューブ、サーモミキサー、マイクロ遠心機、Eppendorfピペットで構成するマイクロリッターシステムを発売しました。 これと同じコンセプトを応用して5.0 mLシステムを開発しました。 ラボのルーチン高速化と簡素化のために––Eppendorf チューブ5.0  mLに合うシステム コンポーネントを販売しています:

› Eppendorf チューブ 5.0 mL
› チューブラックと保管ボックス
› Eppendorf サーモミキサー
› 5 mLピペット用サーモブロック(手動式と電子式)、epTIPS高速ロータ - – Eppendorf遠心機用
› 各種の汎用遠心機アダプタを既存のロータ用にご提供しています
› epMotion自動ワークステーション用アダプタ

Eppendorf Tubes® 5.0 mL

用途別のメリット:


› 5.0mLまでのサンプルの簡単な処理;
› 特に原材料の量が限られたサンプルを使用したDNA単離でのより高い収率(アプリケーションノート262と263を参照してください)
› 便利で安全な細胞培養アプリケーション
› より簡単なサンプルへのアクセスが汚染のリスクを軽減する
› マスターミックスおよびバッファーの調製
› 必要な保管スペースが小さい
› 安全な細胞と組織の溶解グラフ: DNA分離の高歩留まり–プラスミドDNAの歩留まりは低コピーのプラスミドでは培養容量を5 mLへ造賀させると大幅に増加します。 Eppendorfチューブ5.0 mLではDNA精製を安全かつ汚染なく実施でき、サンプルを複数の小型チューブに分割する必要がありません。
図のデータは5.0 mLスナップキャップフォーマットで生成されたものです - 追加の情報やプロトコル説明はアプリケーションノート 262をご参照ください。

Eppendorf Tubes® 5.0 mL

特徴

  • エルゴノミックな操作性:スナップキャップ - 簡単で便利、人間工学的な片手操作。 スクリューキャップ平らで溝付き側面なので握り易く、使い易い操作。
  • 広い使用温度範囲: スクリューキャップチューブ:-86 °C ~ 100 °C スナップキャップチューブ:-86 °C ~ 80 °C(クリップ使用時 100 °C以下)
  • 材質:極めて高品質の透明ポリプロピレン、可塑剤や殺生剤あるいは離型剤は不使用、信頼できるテスト結果のため。
  • 純度保証:ットごとに検証済みのEppendorf Quality、PCR clean、滅菌済み、Eppendorf Biopur®の純度等級。
  • 遠心分離での安全性:最大25,000 x gまでの高い安全性と遠心耐性。 速くて効率的なプロトコルを使用できます。
  • コニカル形状:多くの15 mLコニカルチューブ–用のアダプターやラックを使用できます。
  • サンプル回収:5.0 mLナップキャップチューブEppendorf LoBind®は高価なサンプルを最大限に回収できる材質製です。

アプリケーション

  • 5.0 mLまでのサンプルの簡単な処理
  • 特に原材料の量が限られたサンプルを使用したDNA単離でのより高い収率
  • 便利で安全な細胞培養アプリケーション
  • より簡単なサンプルへのアクセスが汚染のリスクを軽減する
  • マスターミックスおよびバッファーの調製
  • 必要な保管スペースが小さい
  • 安全な細胞と組織の溶解
 Eppendorf Tubes® 5.0 mL with snap capEppendorf Tubes® 5.0 mL 、スクリューキャップ付き
ライトプロテクションいいえいいえ
包装200 本 (10 袋 × 20 本)200 本 (2 袋 × 100 本)
容量5.0 mL5.0 mL
底形状円錐形エンスイケイ円錐形エンスイケイ
操作温度-86 °C – 80 °C-86 °C –  100°C
最大 RCF25000 × g25000 × g
材質チューブとキャップ: ポリプロピレンチューブ: ポリプロピレン、スクリューキャップ: 高密度ポリエチレン (HDPE)
直径17 mm17 mm
純度SterileSterile, pyrogen-, DNase-, RNase-, human and bacterial DNA-free
カラーレスカラーレス
遠心安定性25,000 × g25,000 × g
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
動画: Eppendorf Tubes® 5.0 mL – ビデオ – Tradeshow Animation
Eppendorf Tubes® 5.0 mL
動画: Eppendorf Tubes® 5.0 mL – ビデオ – Tubes 5.0 mL

こちらにもご興味があるかもしれません