Eppendorf Tubes® 3810X

Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X
Eppendorf Tubes® 3810X

開け–易く閉じ–易いデザインのEppendorf Tubes® 3810Xで便利な人間工学的かつ信頼できる片手操作を可能にします。 サンプル調製、遠心分離、保管のいずれにも対応 – Eppendorf Tubes® 3810Xはワークフローにとても便利に適合します! 詳細情報

Inquire Now

さらに見る (3)

製品情報

開けやすく密閉性も高いEppendorf Tubes® 3810Xにより、サンプル調製、遠心分離、保管において快適かつ高い信頼性が実現します。 分子生物学、化学、生化学のすべてのアプリケーションに対します。
最高レベルの安全性!Eppendorf Tubes® 3810X は、30,000g × まで問題なく遠心分離可能。

最高の原材料!


Eppendorf consumablesのthe Eppendorf Tubes 3810X は、FDAガイドライン21CFR§177.1520「オレフィンポリマー」と21CFR§178.2010「ポリマー用酸化剤と安定剤」に準拠した高純度のポリプロピレンを原料として極めて高品質に作られています 広範な品質チェックは製造前と製造中に実施されます。さらに、最終製品は機能検査を実施します。チューブの機能試験は、100度のウォーターバス内での蓋のロックの確実さや遠心耐性や密閉性等が試験対象項目となっています。 これらのロット毎の品質コントロールと試験によって、全ての製造段階において常に製品が高品質であることを保証します。詳細はアプリケーションノート056を参照して下さい。オリジナルEppendorf Tubes® and Platesに使用される最高の原料:ポリプロプレンの特性と耐薬品性

Eppendorf Tubes® 3810X

サンプルの完全性!


スリップ剤、可塑剤、殺菌剤など、プラスチック製消耗部品からサンプルに浸出し、バイオアッセイや実験室の測定に悪影響を及ぼす恐れのある物質を使用しておりません。例)260nmでの測光測定による核酸定量化。

Eppendorf Tubes® 3810X

特徴

  • 蓋は開閉がしやすいよう人間工学的にデザインしています
  • 耐薬品性、機械的耐久性、温度安定性が高いポリプロピレン製です
  • g-Safe®: 最大30,000 × gで遠心しても破損することはありません。サンプルのロスを防ぎ、危険なサンプルも安心して扱えます。
  • スリップ剤、可塑剤、殺生物剤 – などのサンプルに影響を及ぼす恐れのある物質は用いておりません
  • ピペット容量を確認しやすい目盛
  • 目盛り付きです
  • 使用温度は-86℃~100℃です
  • 蓋を開けた状態でオートクレーブできます(121℃、20分)
  • Eppendorf Qualityとロット別認定PCR clean純度等級からお選びになれます

こちらにもご興味があるかもしれません