Eppendorf Safe-Lock Tubes

Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes
Eppendorf Safe-Lock Tubes

Eppendorf Safe-Lock Tubesは、50年間に渡る絶えまぬ改良と開発の結晶です。ヒンジ付きEppendorf Safe–Lock カバーは、培養および保管中に故意せずに開けた場合もすぐれた保護を行います。 貴重なサンプルのために、信頼できるEppendorf Safe-Lock Tubeをお使い下さい。 詳細情報

Inquire Now

さらに見る (24)

製品情報

Eppendorf Safe-Lockチューブは、50年間に渡る絶えまぬ改良と開発の結晶です。オリジナルのSafe-Lock Tubeは、安定した遠心耐久性、完璧な密閉性、蒸発の防止を保証します。貴重なサンプルのために、信頼できるEppendorf Safe-Lock Tubeをお使い下さい。

最高レベルの安全性!

30,000 × gの試験で、遠心分離の際容器の破損の可能性があることが判明しました。Eppendorf Safe-Lockチューブは、最大30,000 × gの力に耐えられるよう保証されているため、サンプルを失うことなく安全に遠心分離することができます。

安全な密閉性!


100℃のウォーターバスでインキュベーションを行う間、しっかりと蓋が閉じていたのは唯一Eppendorf Safe–Lock  Tubesだけでした。S社製とA社製のチューブは10~20%の蓋が開き、T社製とG社製チューブは1/3以上、V社製のチューブにいたっては80%近くの蓋が開いてしまいました。–詳細はアプリケーションノート164を参照して下さい。

Eppendorf Safe-Lock Tubes

サンプルの完全性!


スリップ剤、可塑剤、殺菌剤など、プラスチック製消耗部品からサンプルに浸出しバイオアッセイや実験室の測定に悪影響を及ぼす恐れのある物質を使用しておりません。例)260 nmでの測光測定による核酸定量化:詳細はアプリケーションノート 235を参照して下さい。

Eppendorf Safe-Lock Tubes

オリジナル Eppendorf Safe–Lock lid!

Eppendorf Safe–Lock チューブはいつでも確認できます。Eppendorf Safe–Lock チューブは蓋にフックが付いており、誤って開かない構造になっています。これによりサンプルの保護をより確実に行ないます。この形状は、貴重なサンプルやSDSのような界面活性剤を含む緩衝液を扱う時に、大変重要な役割を果たします。

Eppendorf Safe-Lock Tubes

特徴

  • 蓋にフックが付いており、加熱中などに誤って開かないようになっています
  • 耐薬品性、機械的耐久性、温度安定性が高いポリプロピレン製です
  • スリップ剤、可塑剤、殺生物剤などのサンプルに影響を及ぼす恐れのある物質は用いておりません
  • g-Safe®: 最大30,000 × gで遠心しても破損することはありません。サンプルのロスを防ぎ、危険なサンプルも安心して扱えます。
  • 蓋のシーリングが厳密で蒸発率が低くなっているので長期保存に適しています
  • 目盛り付きです
  • 使用温度は-86℃~100℃です
  • 蓋を開けた状態でオートクレーブできます(121℃、20分)
  • 純度を保証するため、ロット認定されたPCR clean、Eppendorf Forensic DNA よびBiopur品質で使用可能
  • 貴重なサンプルを最大限に回収するためのEppendorf ProteinおよびDNA LoBind材質をご用意。

こちらにもご興味があるかもしれません