DNA LoBind Tubes

DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes
DNA LoBind Tubes

DNA LoBind チューブサンプルが–から–への表面に結合しにくくなっているため、核酸サンプルを最大限回収することができます。 サンプルを準備して、貴重なサンプルを長期保管するのに最適なソリューションです。 詳細情報

Inquire Now

さらに見る (3)

製品情報

DNA LoBindチューブはチューブ壁面への核酸の吸着を低減することで核酸の回収率を向上させます。 特別な製造技術と選別されたポリプロピレンロットの組み合わせにより、ほぼ100 %のDNA/RNAを回収できます。サンプルへのコンタミネーションの可能性を排除するため、表面コーティングは行っておりません。 DNA LoBindチューブはロット毎に試験を行い、ヒトDNA、DNase、RNase、PCRinhibitorが含まれていないことを保証しています。 EppendorfDNA LoBindチューブは、法医学、マイクロアレイ分析、次世代シーケンサーアプリケーションにおける、核酸の保存に理想的なプレートです。

Eppendorf DNA LoBind


製品は、様々なサンプル容量や処理速度に対応する色々なアプリケーションニーズに適応する、チューブ、マイクロプレートおよびdeepwellプレートフォーマットに展開されています。

DNA LoBind Tubes

DNA回収率


異なるインキュベーション条件下でのDNA回収率(2.5 M NaCl/TEバッファーにおける0.2 ng/µL DNAフレグメント (130 bp, 32P labeled))についての、Eppendorf DNA LoBindチューブと他社製のチューブとの比較The Eppendorf DNA LoBind チューブは、インキュベーションの温度や時間に関わらず 99 %のサンプル回収率が得られます。

DNA LoBind Tubes

Application Note 226:


リアルタイムPCR絶対定量のための標準パネルを矛盾なく準備保管するためにUse of Eppendorf LoBind® Tubesを使用チューブの表面へのDNAの吸着はリアルタイムPCR結果の精度に影響を及ぼします。Eppendorf® DNA LoBindチューブの高いDNA回収率は、標準曲線の向上と、その後のサンプルアッセイ中のDNA量のより正確な評価をもたらします。画像:DNA標準パネル準備のフローチャート遺伝子DNA原液は、競合他社のローリテーションチューブとEppendorf DNA LoBind tubeの両方で連続10倍希釈されます。リアルPCRアッセイの前にそれぞれの希釈液の22 µL一定分量を、競合他社のローリテーションチューブとEppendorf DNA LoBind tubeの両方で80℃で24時間保管しました。サンプルのPCR効率は、Eppendorf LoBind Tubesで準備保管した場合の方が、かなり高い結果となりました。詳細はアプリケーションノート226を参照して下さい。

DNA LoBind Tubes

特徴

  • LoBind材料は最大限のサンプル回収を保証し、アッセイ結果を改善します
  • サンプルの干渉リスクを最小限にする表面コーティング(例:シリコン)なし
  • ロット別認定PCR clean純度等級: ヒトDNA、DNase、RNase、PCR阻害因子皆無
  • 様々な実験スケールに対応できるよう、チューブ、マイクロプレート、ディープウェルプレート製品をご用意しています
  • 蒸発率を最小限に抑えるためのチューブフォーマットの正確なリッドシーリング
  • 様々な分子生物学アプリケーションに対応できるよう、耐遠心力は30,000 × g となっています(2.0  mLチューブは25,000 × g)

アプリケーション

  • DNAおよびRNAサンプルの調製または保管
  • 法医学的分析
  • 定量qPCRにおける希釈系列の作成
  • 次世代シーケンサーにおけるサンプル調製
  • ゲノムまたはオリゴヌクレオチドライブラリの作成

こちらにもご興味があるかもしれません