Eppendorf Microplates

Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates
Eppendorf Microplates

新しい透明の世界を体験して下さい - Eppendorf マイクロプレート! これまでのポリプロピレン製マイクロプレートのサンプルの扱いにくさ、回収率や信頼度の低さといった問題点が解消されました。 堅牢性と精密性に沿った幅広い種類のプレートは、必要な用途で最適なソリューションとなります。 詳細情報

Inquire Now

さらに見る (7)

製品情報

Eppendorf Microplatesがあなたのラボに抜群な見易さを提供します! これまでのポリプロピレン製マイクロプレートのサンプルの扱いにくさ、回収率の低さといった問題点が解消されました。識別しやすいOptiTrack® matrixの英数字ラベルによって、目的のウェルが見つけやすくなり、分注ミスを低減できます。群を抜いて高い透明度を持っており、サンプルの視認性が非常に良好です。Microplateはサンプル材料がごく限られている場合にサンプルを最大限に回収できるEppendorf LoBind素材でもご利用になれます。

高度の透過性とOptiTrack®

Eppendorf Microplatesの特長は他のポリプロピレン製プレートより遥かに優れる最高レベルの透過性なのでサンプル識別が大幅に楽になります。 さらに、コントラスト–がくっきりしたOptiTrackマトリックスで個々のウェルをはるかに迅速に区別できます。 こうしたメリットで仕事が楽になるので、ミスや汚染を回避できます。ミスや汚染があれば余計な手間が発生します。 均等にスピーディーなウェルの識別ができるので時間が重要な反応処理の場合に再現性が増します。– アプリケーションノート 202: Eppendorfポリプロピレンマイクロプレート – サンプルを迅速かつ確実に識別できます。

Eppendorf Microplates

RecoverMax® ウェル設計

最大のサンプル回収と優れた混合/再懸濁特性について最適なウェル形状です。 ウェルのコーナーが丸く滑らかなデザインなのでサンプル損失を防止し、残余量を最小限にします。 角形–ウェルプレート入り、スムーズな輪郭なので毛細効果がウェルの隅(ウィッキング)が起こらず、相互汚染リスクが軽減されます

Eppendorf Microplates

あらゆる用途ニーズに対応できる高度な堅固性と精度に適合した豊富なバリエーション:


› ウェル数96と384のフォーマット
› 底面形状は3 種類:F–ボトム(フラット)、U–ボトム (丸底)、V–ボトム (円錐形)。
› Eppendorf PCR cleanおよび滅菌純度レベル。
› DNAとProtein LoBindとしてもご利用可能です。
› g–Safe®: 最大6,000 x gという優れた遠心分離の安定性により、高速なプロトコルおよびサンプル品質の改善を実現。
› 縁が高くなっているので確実にシーリングできます。
› 高–品質ポリプロピレン製なので耐薬品性、機械的耐久性、温度安定性が高いです。 オートクレーブ可能です(121 °C、20 分)。
› スリップ剤、可塑剤、殺生物剤などのサンプルに影響を及ぼす恐れのある
› 物質は用いておりません。 詳細については、アプリケーションノート 56を参照してください: Eppendorf純正チューブ®とプレート用に最高級の素材: ポリプロピレンの特性と薬品耐性。 アプリケーションノート 239: Eppendorf Deepwell プレートおよびマイクロプレート
› シーリング方法の調査。

Eppendorf Microplates

特徴

  • 透明性が非常に高いのでサンプルの視認が容易です。ごく微量のサンプルでも肉眼で観察することができます
  • 目的のウェルを簡単に見つけることができ、ウェルの識別に必要な時間をOptiTrack® Matrix:30% も節約できます
  • RecoverMax®ウェルデザイン: 通常の容量と優れた混合特性について最適なウェル形状です。
  • 縁が高くなっているので確実にシーリングできます
  • g-Safe®:6,000 × gまでは優れた遠心分離安定性があります
  • ポリプロピレン製なので耐薬品性、機械的耐久性、温度安定性が高いです
  • スリップ剤、可塑剤、または殺虫剤なしで製造 - 生物学的検定に悪影響を及ぼす物質が素材に含まれていない
  • 使用温度-86 ℃~100 ℃です
  • オートクレーブ可能です(121 °C、20 分)
  • オプションでバーコードラベルに対応しています。その他の詳細は、以下にあります。www.eppendorf.com/barcode

アプリケーション

  • サンプルの保存および調製
  • 温度または溶媒に対する高い安定性を求められる分析
  • 活性成分のスクリーニング
  • コンビナトリアルケミストリー
  • cDNAまたはゲノムバンクの保存
  • タンパク質解析
  • ジェノタイピング
  • siRNAまたはオリゴヌクレオチドライブラリの保存
  • 組織や植物のライセート調製

こちらにもご興味があるかもしれません