DNA LoBind Plates

DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
DNA LoBind Plates
play DNA LoBind Plates

DNA LoBind プレートは、サンプルが表面に結合しにくくなっているため、核酸サンプル–を最大限回収することができます。サンプルを準備して、貴重なサンプルを長期–保管するのに最適なソリューションです。 詳細情報

Inquire Now
さらに見る (8)

製品情報

DNA LoBind plateはプレート壁面への核酸の吸着を低減することで核酸の回収率を向上させます。特別な製造技術と選別されたポリプロピレンロットの組み合わせにより、ほぼ100%のDNA/RNAを回収できます。サンプルへのコンタミネーションの可能性を排除するため、表面コーティングは行っておりません。EppendorfDNA LoBindプレートは、法医学、マイクロアレイ分析、次世代シーケンサーアプリケーションにおける、核酸の保存に理想的なプレートです。

Eppendorf DNA LoBind

製品 are available in チューブ, マイクロプレート and ディープウェル プレートフォーマットに対応し、異なる用途別ニーズに合うので、多様なサンプル容量や処理能力に対応します。

DNA LoBind Plates

DNA回収プレート

異なる培養条件に置いた後、他ベンダー製チューブより優れる、DNA回収プレート (0.2 ng/µL DNA断片(130 bp、32Pラベル品)、2.5 M NaCl/TEバッファ入り)Eppendorf DNA LoBindチューブ入り Eppendorf DNA LoBindチューブが試験培養温度や時間に関わりなく最大99 %のサンプル回収率を実証。

DNA LoBind Plates

アプリケーションノート 226:

Eppendorf LoBind®チューブで一貫性ある調製と保管基準パネルが可能になり、リアル–タイムのPCR絶対適格性確認が可能になります。 DNAのチューブ表面への吸着がリアル–タイムPCR結果の高精度に影響します。 Eppendorf® DNA LoBindチューブならDNA歩留まり向上で正規分布が改善し、その結果サンプル内のDNA量の正確な解釈が可能になります。 画像: DNA標準パネル調製フローチャート。 ゲノムDNAストック溶液はシリアルの10–倍希釈を競合の低保持率とEppendorf DNA LoBindチューブで比較したもの。 一定分量22 µLの各希釈液を24 時間 –80°Cで競合の低保持率かEppendorf DNA LoBindチューブに入れて保管、その後リアル–タイムPCR分析を実施しました。 Eppendorf LoBindチューブで調製保管したサンプルのPCR効率は競合を凌駕するはるかな高率であることが判明 - アプリケーションノート 226をご参照ください。

DNA LoBind Plates

特徴

  • Eppendorf LoBind材料は最適なサンプル回収を保証し、アッセイ結果を改善します
  • サンプルへの影響を最小限にするため、シリコーン等の表面コーティングはしていません
  • ロット別認定PCR clean純度等級: ヒトDNA、DNase、RNase、PCR阻害因子皆無
  • 様々な実験スケールに対応できるよう、チューブ、マイクロプレート、ディープウェルプレート製品をご用意しています
  • 高コントラストユニークなOptiTrack®マトリクス: 30 % 速くサンプルの識別が可能で、ピペッティングエラーが少なくなります。
  • RecoverMax® ウェル設計 最小容量/デッド容量と優れた混合特性について最適なウェル形状です。
  • ウェルのリムが高く表面が平滑であるため、信頼性の高いシーリングを実現
  • オプションでバーコードラベルに対応しています。その他の詳細は、以下にあります。www.eppendorf.com/barcode

アプリケーション

  • DNAおよびRNAサンプルの調製または保管
  • 法医学的分析
  • 定量qPCRにおける希釈系列の作成
  • 次世代シーケンサーにおけるサンプル調製
  • ゲノムまたはオリゴヌクレオチドライブラリの作成

こちらにもご興味があるかもしれません