eLABInventory software

Image – BioITech eLABInventory screen
Image – eLABInventory search sample
Image – Inventory ULT
Image – eLABInventory User management
Image – BioITech eLABInventory screen
Image – eLABInventory search sample
Image – Inventory ULT
Image – eLABInventory User management

常時整理整頓 - サンプルはeLABInventory
で常時把握可能 [4]eLABInventoryならラボ内のサンプルを効率的にトラックします。 細胞ラインや組織試料、菌種、DNA、RNA、たんぱく質、バイオバンクの追跡でもテンプレートをセットアップしておけばラボ在庫のどのアイテムについても情報を常時把握できます。 詳細情報

Order Info
さらに見る (12)

製品情報

サンプルをeLABInventory
eLABInventoryで追跡できます [4]はサンプル管理ソフトウェアで[5]Bio-ITechという[6]Eppendorfの子会社のプロダクトです。 このツールなら、試料、材料、サンプル、薬品等を含むラボの在庫のどんなアイテムでも整理します。 サンプルはフリーザーや冷蔵庫などの自己構成式ストレージユニットに保管しましょう eLABInventoryはラボで作業するために柔軟で完全に構成可能です。

このシステムは、保管されたアイテムの自動監査証跡を保持する集中化されたGLP準拠のソリューションを提供します。 eLABInventory ならラボのどんな場所に保管してあるラボ在庫でも追跡する効率的方法を提供します。これには-80 °Cや-20 °Cのフリーザー、冷蔵庫、安全キャビネットその他を含みます。

安全で準拠した[6]
eLABInventoryはラボのどんなサンプルの監査証跡でも完全に自動記録します。・ サンプルの変更はGLP ガイドライン(21 CFR part 11)に従った時系列順のイベントログに保存されます。 ラボイベントリーから取り出したアイテムは自動アーカイブされ、随時取得できます。

直感的で使い易い
ラボ全体を視覚化、ラボ仕様にのっとってストレージ場所をセットアップ。 ラボ内のサンプルを保管または見つけるためにストレージ場所を容易に検索。 ラボ全在庫をeLABInventory

で集中処理できます。ストックは最新状態を維持できます
発注は数量の常時把握で集中管理、化学物質やサンプル、消耗品が切れそうなら通知が送られてきます。 発注が効率よく安全になります。

要約
直感的デザイン – フリーザーはフルに視覚化、全ラック、引き出し、ボックスも含め、サンプル登録が楽になります
柔軟なサンプル種別テンプレート – カスタムサンプルタイプテンプレートでどんな情報も保管したサンプルと関連付け(添付ファイルを含む)
2Dバーコードラベリング – ヴァイあるにラベルを貼るように印刷できる2Dバーコードを生成、これをスキャンするだけでサンプル識別が容易にできる
監査証跡 – サンプル情報の変更を全て把握し全サンプルについて時系列的にログに記録
安全な個人別ログインユーザー別ログインでアクセス制御、オプションセキュリティ措置は2段階認証
ユーザーのロールと許可 – ユーザーロールと許可が異なる定義でユーザー別のシステム操作を制限
アクセス性 – クラウドなのでどんなウェブベースデバイスからでもどこからでもアクセス可能
コラボ – 集中ラボインベントリーシステムなので小規模ラボから大会社まで保管サンプル情報を容易に共有

データセキュリティ
データセキュリティはウェブベース在庫システムやサンプル追跡システムを使用する組織には懸念事項のひとつです。 クラウドソリューションの優位性は一般に認められているとはいえ、クラウドアプリケーションは会社のセキュリティ方針と競合する場合がありますBio-ITech BVは在庫やサンプル追跡システムeLABInventoryの生産者としてこうした懸念を把握しており、セキュリティは常時最優先しています。
Bio-ITechは厳格なISO/IEC 27001:2013規格に準拠しており、全所要措置を講じてデータの保護を確実にしています。
Bio-ITechのISO/IEC 27001:2013認証で組織はeLABInventory Cloudソリューションを活用しつつ厳格な会社基準に準拠できます。 御社の方針がいまだにクラウドベンダーの利用を禁止している場合、eLABInventory はeLABInventory Private CloudやeLABInventory On-Premiseとしてもご利用になれます。 

いくつかの容器ラベルを解読しようとしていますか?


「保管されている容器にはラベルを貼らなければならない」 – 原則として、すべてのラボメンバーがこれを確認します。 実際には、ラベルを付けずに、またはアートのように見えるラベルを付けて、フリーザーで常に(またはそれ以上の)容器を見つけます。 多くのラボでは、2番目のルールがあります: ラベルのない容器は、発見されるとすぐに廃棄されます。

読みやすくするためにはっきりした適正なラベルを貼ることをお勧めします。 容器に印刷されたラベルには、平文またはバーコード、あるいはその両方を含めることができます。 言い換えれば、高価値サンプルのスマートなラベル付けは、安全な識別と最終的に安全な結果のために重要です。 eLABInventoryなどのサンプル管理ソフトウェアを使用して、バーコードサンプルを管理します。

eLABInventory software

SafeSampler Capidentification needed?


eLABInventory ソフトウェアcanハンドルbarcodedベッセル. QR-codes or data matrix codes enable a safe sample identification. Code reading can be done by standard hand-held scanners. The sample data are transferred to the database. No risk of missreading anymore.

eLABInventory software

ワークフロー中のサンプルの安全な識別が必要ですか?


ワークフロー中に、サンプルのすべてのステップを文書化する必要がある場合があります。 これには、ピペッティング手順、培養またはミキサーでの混合、または高価値サンプルの保存の調製が含まれます。 QRコードまたはデータマトリックスコード化されたサンプル容器により、安全なサンプル識別が可能になります。 Code reading can be done by standard hand-held scanners.

eLABInventory software

Sample Identification at the freezer or at the bench?


By using the eLABInventory App, barcoded vessels can be read out by a mobile device. Easy identification of your sample without special equipment.

eLABInventory software

安全で選別されたサンプル保管場所が必要ですか?


フリーザー保管ボックスは、何千ものサンプル容器を適切に分類された方法で保管するのに役立ちます。ULTフリーザー内のスペースを効率的に使用するために、箱は金属フリーザーラックに保管する必要があります。
サンプル容器のバーコード化により、すべての高価値サンプルを安全に識別できます。バーコード情報はeLABInventoryソフトウェアに転送できます。

eLABInventory software

特徴

  • どんなラボにも合う完全な構成が可能
  • 種類を問わずサンプル、試料、材料を保管でき、柔軟性が高くなります
  • どんな装置でもクラウドか施設現場に納入します。
  • 直感的ユーザーインターフェースが視覚的在庫閲覧機能を搭載しているのでハンドリングが楽になります
  • バーコードラベリングとスキャンで高処理能力
  • 他の形式でのインポート/エクスポートでデータが柔軟に
  • 監査証跡用のトラッキングとトレース
  • 文書化セキュリティ規格GLPに準拠(21 CFR part 11)