eLABInventory software

eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software
eLABInventory software

常時整理整頓 - サンプルはeLABInventory
で常時把握可能 [4]eLABInventoryならラボ内のサンプルを効率的にトラックします。 細胞ラインや組織試料、菌種、DNA、RNA、たんぱく質、バイオバンクの追跡でもテンプレートをセットアップしておけばラボ在庫のどのアイテムについても情報を常時把握できます。 詳細情報

Inquire Now
さらに見る (12)

製品情報

サンプルをeLABInventory
eLABInventoryで追跡できます [4]はサンプル管理ソフトウェアで[5]Bio-ITechという[6]Eppendorfの子会社のプロダクトです。 このツールなら、試料、材料、サンプル、薬品等を含むラボの在庫のどんなアイテムでも整理します。 サンプルはフリーザーや冷蔵庫などの自己構成式ストレージユニットに保管しましょう eLABInventoryはラボで作業するために柔軟で完全に構成可能です。

このシステムは、保管されたアイテムの自動監査証跡を保持する集中化されたGLP準拠のソリューションを提供します。 eLABInventory ならラボのどんな場所に保管してあるラボ在庫でも追跡する効率的方法を提供します。これには-80 °Cや-20 °Cのフリーザー、冷蔵庫、安全キャビネットその他を含みます。

安全で準拠した[6]
eLABInventoryはラボのどんなサンプルの監査証跡でも完全に自動記録します。・ サンプルの変更はGLP ガイドライン(21 CFR part 11)に従った時系列順のイベントログに保存されます。 ラボイベントリーから取り出したアイテムは自動アーカイブされ、随時取得できます。

直感的で使い易い
ラボ全体を視覚化、ラボ仕様にのっとってストレージ場所をセットアップ。 ラボ内のサンプルを保管または見つけるためにストレージ場所を容易に検索。 ラボ全在庫をeLABInventory

で集中処理できます。ストックは最新状態を維持できます
発注は数量の常時把握で集中管理、化学物質やサンプル、消耗品が切れそうなら通知が送られてきます。 発注が効率よく安全になります。

要約
直感的デザイン – フリーザーはフルに視覚化、全ラック、引き出し、ボックスも含め、サンプル登録が楽になります
柔軟なサンプル種別テンプレート – カスタムサンプルタイプテンプレートでどんな情報も保管したサンプルと関連付け(添付ファイルを含む)
2Dバーコードラベリング – ヴァイあるにラベルを貼るように印刷できる2Dバーコードを生成、これをスキャンするだけでサンプル識別が容易にできる
監査証跡 – サンプル情報の変更を全て把握し全サンプルについて時系列的にログに記録
安全な個人別ログインユーザー別ログインでアクセス制御、オプションセキュリティ措置は2段階認証
ユーザーのロールと許可 – ユーザーロールと許可が異なる定義でユーザー別のシステム操作を制限
アクセス性 – クラウドなのでどんなウェブベースデバイスからでもどこからでもアクセス可能
コラボ – 集中ラボインベントリーシステムなので小規模ラボから大会社まで保管サンプル情報を容易に共有

データセキュリティ
データセキュリティはウェブベース在庫システムやサンプル追跡システムを使用する組織には懸念事項のひとつです。 クラウドソリューションの優位性は一般に認められているとはいえ、クラウドアプリケーションは会社のセキュリティ方針と競合する場合がありますBio-ITech BVは在庫やサンプル追跡システムeLABInventoryの生産者としてこうした懸念を把握しており、セキュリティは常時最優先しています。
Bio-ITechは厳格なISO/IEC 27001:2013規格に準拠しており、全所要措置を講じてデータの保護を確実にしています。
Bio-ITechのISO/IEC 27001:2013認証で組織はeLABInventory Cloudソリューションを活用しつつ厳格な会社基準に準拠できます。 御社の方針がいまだにクラウドベンダーの利用を禁止している場合、eLABInventory はeLABInventory Private CloudやeLABInventory On-Premiseとしてもご利用になれます。 

Trying to decipher some vessel labels?


“Stored vessels must be labeled” – in principle, every lab member confirms this. In reality you always find some (or even more) vessels in your freezer without any labeling or with a labeling looking like art. In many labs, there is a second rule: Label-free vessels are disposed as soon as they are found.

Proper labeling is recommended to make reading as easy and reliable as possible for everyone. Printed labels on vessels can contain either plain writing or barcode or both. In other words – smart labeling of your high-value samples is crucial for safe identification and finally for safe results. Manage your barcoded samples with sample management software like eLABInventory.

eLABInventory software

Safe sample identification needed?


eLABInventory software can handle barcoded vessels. QR-codes or data matrix codes enable a safe sample identification. Code reading can be done by standard hand-held scanners. The sample data are transferred to the database. No risk of missreading anymore.

eLABInventory software

Safe identification of samples during workflows needed?


During your workflow, you might need to document every step of your samples. This can include pipetting steps, incubation or mixing with a mixer, or preparation for storage of your high value samples. QR-coded or data matrix coded sample vessels enable a safe sample identification during this process. Code reading can be done by standard hand-held scanners.

eLABInventory software

Sample Identification at the freezer or at the bench?


By using the eLABInventory App, barcoded vessels can be read out by a mobile device. Easy identification of your sample without special equipment.

eLABInventory software

Safe and sorted sample storage requested?


Freezer storage boxes help to store thousands of samples vessels in a proper and sorted way. The boxes should be stored in metal freezer racks for efficient space usage within the ULT freezer.
Barcoding of sample vessels enables safe identification of all your high-value samples. The barcode info can be transferred into eLABInventory software.

eLABInventory software

特徴

  • どんなラボにも合う完全な構成が可能
  • 種類を問わずサンプル、試料、材料を保管でき、柔軟性が高くなります
  • どんな装置でもクラウドか施設現場に納入します。
  • 直感的ユーザーインターフェースが視覚的在庫閲覧機能を搭載しているのでハンドリングが楽になります
  • バーコードラベリングとスキャンで高処理能力
  • 他の形式でのインポート/エクスポートでデータが柔軟に
  • 監査証跡用のトラッキングとトレース
  • 文書化セキュリティ規格GLPに準拠(21 CFR part 11)