Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック

Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
360°ビュー

Eppendorf BioSpectrometerは、簡単な操作と高度に再現な可能な分析を組み合わせている分光光度計です。 幅広いクベットは、微量からマクロボリューム測定への選択をさらに広げます。 詳細情報

Inquire Now

製品情報

Eppendorf BioSpectrometer kineticはEppendorf BioSpectrometer basicの拡張でプログラム済みと自由プログラム可能な時間設定と温度制御分析が可能です。 内蔵加熱キュベットシャフトが特長です。 統合化ペルチェ素子が酵素と基質のカイネティック同定、その他温度の影響を受けやすい用途に高精度を保証します。 案内付きソフトウェア込み、新規分析セットアップのために手間がほとんどかかりません。 装置上で直接、回帰分析のために時間枠を遡及的に修正可能です。BioSpectrometer kineticは伝統的な大型で面倒な構成に代え、温度制御型時間設定分析を可能にします。

Measuring live enzymatic reactions?


The Eppendorf BioSpectrometer kinetic offers a temperature-controlled cuvette shaft for time-curve experiments. The integrated Peltier element guarantees high-precision temperature control.

Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック

Annoyed by uncomfortable handling?


Ergonomics is far beyond the »ergonomically designed chair«. Eppendorf started to optimize the laboratory devices regarding ergonomics already in the early 1970s.
In 2003, we started the PhysioCare Concept, focusing on ergonomic liquid handling devices like our pipettes.
Nowadays, the Eppendorf PhysioCare Concept is broaden up to include further laboratory products as a holistic solution to harmonize the workflow in your laboratory with your health and well-being, e.g. for the Eppendorf BioSpectrometer:
› Guided software for easy handling
› Clear indications at cuvette shaft for convenient handling
› Direct keys for convenient handling
› Small footprint to enable position in direct arm reach at your bench
› Standardized »user-interface concept« for intuitive handling of devices

Further information about the Eppendorf PhysioCare Concept:
www.eppendorf.com/physiocare/

Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック

Struggling with paper-based documentation?


The eLABJournal Electronic Lab Notebook offers an intuitive and flexible solution to document research and track research data like BioSpectrometer–based values. Improve efficiency when documenting, organizing, searching, and archiving collected data. With the free eLABJournal add-ons, you can extend the functionality of eLABJournal to a fully integrated Laboratory Information Management System.

Start a free 30-day trial!
Visit www.eLABJournal.com

Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック

特徴

  • 全てのEppendorf BioSpectrometer basicオプション
  • BioSpectrometerカイネティックの統合温度制御キュベットシャフト(+20 °C~+42 °C、0.1 °C増分単位)
  • 間隔タイマー内蔵(最短間隔5 s、最大計測時間範囲59 min 59 s)
  • プログラム済みの速度法および自由プログラム可能な速度法
  • 回帰分析のために時間枠を遡及的に修正可能
  • データ出力はJPEGスクリーンショットMicrosoft Excel、セキュアPDFファイルから標準USBフラッシュドライブかメールで出力

アプリケーション

  • 全てのEppendorf BioSpectrometer basic用途
  • 追加カイネティックアプリと酵素活性テストを異なる温度で可能。
  • ヘキソキナーゼ活性の計測(340 nm、37 °C)
  • ATP濃度の同定(340 nm、37 °C)
  • Β-ガラクトキシダーゼの分析(420 nm、30 °C)
 Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
BSA 濃度範囲 (UV 280 nm) µCuvette® G1.0758 ng/µL - 45,450 ng/µL
±30 ng/µL @ A = 0
±76 ng/µL @ A = 1 (0.5 %)
BSA 濃度範囲 (UV 280 nm) UVette® 10 mm75 ng/µL - 4,545 ng/µL
±3 ng/µL @ A = 0
±7 ng/ µL @ A = 1 (0.5 %)
BSA 濃度範囲 (UV 280 nm) UVette® 2 mm379 ng/µL - 22,725 ng/µL
±15 ng/µL @ A = 0
±38 ng/µL @ A = 1 (0.5 %)
BSA濃度範囲 (1~10 mmの路長)76 ng/µL - 45,450 ng/µL
( BSA係数は1,515)
dsDNA 濃度範囲 (1 ~ 10 mm の路長)2.5 ng/µL – 1,500 ng/µL
dsDNA 濃度範囲 (UV 260 nm) µCuvette® G1.025 ng/µL – 1,500 ng/µL
dsDNA 濃度範囲 (UV 260 nm) UVette® 10 mm2.5 ng/µL – 150 ng/µL
dsDNA 濃度範囲 (UV 260 nm) UVette® 2 mm12.5 ng/µL – 750 ng/µL
オペレータ ガイダンス言語スペイン語ゴ, イタリア語ゴ, フランス語ゴ, 英語エイゴ, ドイツ語ゴ, 日本語
キュベット シャフト12.5 mm × 12.5 mm、温調あり20 °C – 42 °C
サンプル光路長8.5 mm
スキャンはい
スペクトル帯域幅≤4 nm
メソッドメモリ>100の方法のプログラム
ランダム温度誤差±0.15 °C@25 – 37 °C
ランダム誤差波長±1 nm
ランダム誤差蛍光
光源蛍光
光源蛍光吸收キセノンフラッシュランプ
励磁波長蛍光
吸収測定範囲0 A – 3.0 A (260 nm)
吸引ランダム誤差≤0.002:A = 0
≤0.005 (0.5 %):A = 1
放射波長 I 蛍光
放射波長 II 蛍光
最小ステップサイズ1 nm
検出器タイプCMOSフォトダイオードアレイ、1024ピクセル
波長範囲200 nm – 830 nm
波長範囲吸收スキャン (nm): 200 – 830 @1 nm増分
波長選択インクリメント1nm
消費電力操作ステップ中に約 30 W
操作ステップで約 5 W
測定原理吸收リファレンスビームを使用したシングルビーム吸収スペクトロメーター
測定原理蛍光
系統温度誤差±0.2 °C@25 – 37 °C
系統系統誤差≤0.5nm
系統誤差吸收±1 % (A = 1)
蛍光測定範囲
インターフェース› USBマスター:USBスティックと熱転写プリンターDPU-S445
› PC接続用USBスレーブ(すべての機能はPCなしでも利用可能)
› シリアルインターフェース RS-232: 熱転写プリンターDPU-414用
› イーサネットインターフェース RJ45: ネットワークプリンターやEメールデータとの接続は機器から直接出力
電源100 – 120 V, 50 – 60 Hz
寸法(W × D × H)295 × 400 × 150 mm / 11.6 × 15.7 × 6 in
アクセサリーなしの重量5.5 kg
2つの測定点間の間隔00:05 – 10:00 min:sec
測定時間範囲00:05 – 59:59 min:sec
可変温度範囲20 – 42 °C (最小増分 0.1 °C)
Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック
動画: Eppendorf BioSpectrometer®カイネティック – ビデオ – University of East London

こちらにもご興味があるかもしれません