光学測定

1950年、Eppendorfは最初の分光測定器を市場に送り出しました。現在の製品ポートフォリオには分光測定の分野で培ってきたEppendorfのノウハウが結集されており、必要な装置とアクセサリーをバリエーション豊かなラインナップからお選びいただけます。
Eppendorf Detectionの製品ラインナップは、核酸/タンパク質の定量、酵素反応、ELIZA、蛍光分析など、分子レベルの分析を簡単、効率的に行う性能を提供します。μCuvette G1.0を備えたキュベットでの微量測定も可能です。
フォトメーターは、一般的実験装置でよく使用されている機器のトップ10に入ります。分光分析は、現代の実験室で最も頻繁に使用されるアプリケーションであり、多くの場合、ワークフローの初期段階で行われます。その後の試験は分光結果に従って準備されます。得られた結果が誤ったデータに基づいたものであれば、ワークフロー全体にエラーが急激に蓄積され、最悪の場合には不正確な結果を生みだす結果となります。分光測定結果の信頼性と精度が極めて重要であることは疑う余地がありません。また分光光度測定は機器と付属品の組み合わせに依存するため、キュベットの選択は正しい機器の選択と同様に重要です。
Eppendorf BioSpectrometerとBioPhotometer D30は優れた柔軟性と使いやすさを兼ね備えています。新たに開発された直観的なユーザーガイダンスは、優れたユーザーフレンドリーな革新的技術デザインが評価され、Association of German Engineers /Association of German Electrical Engineers(ドイツ技術者協会・ドイツ電気技術者協会)Association for Measuring and Automation Technology(計測自動制御技術協会)よりUSEWARE賞を授与されました。最適化されたメニューナビゲーションは、個別のメソッドを通して段階的なガイダンスを行ないます。必要なエントリーがすべて表示されるので、重要データが消去されることはありません。ヘルプボックスは操作手順を説明し、5ヶ国の言語が利用可能です。さらにソフトウェアはあらかじめプログラムされたメソッドに簡単にアクセスすることを可能にします。その実力はすでにEppendorfのフォトメーターで証明済みです。