Centrifuge 5810/ 5810 R

Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R
Centrifuge 5810/ 5810 R

Centrifuge 5810/5810 Rは中から高処理能力の実験室用の機械です。これは、並はずれた多用途性と、極めてコンパクトな設置面積でチューブとプレートの両方のキャパシティを結合します。 詳細情報

Inquire Now

製品情報

品質と信頼性で有名なEppendorf Centrifuge 5810/5810 Rは、現在および将来において高処理能力用途 – に対して、最もコスト効率の高いソリューションを提供します。これは、並はずれた多用途性と、極めてコンパクトな設置面積でチューブとプレートの両方のキャパシティを結合します。新しいローターの発生で、Centrifuge 5810/5810 Rの容量は最大 4 × 750 mL(または最大28 × 50 mL/56 × 15 mL)。現行の3 リットル遠心機では最も小型です。

どんな実験室にもフィットするデザイン


› 市場で最小の3 リッター遠心機
› 棚の下で蓋をあけることができます。
› 動作がとても静かで、作業環境を改善します。
› 高さが低くアクセスしやすいため、サンプルのセットや取り出しが容易です。
› 静かに触れるだけで遠心機の蓋を閉じることができます。

Centrifuge 5810/ 5810 R

片手で操作できるEppendorf QuickLock® キャップ


› 操作性が格段に向上し、片手でも簡単に操作できます。
› ハンドルを持って、閉じたバケットをバイオセーフティキャビネットに運び、安全な環境でキャップを開くことができます。
› エアロゾル密閉性は英国ポートンダウンのPublic Health England(英イングランド公衆衛生サービス)によってテストされています。

Centrifuge 5810/ 5810 R

Rolling cabinet

実験室のスペースが限られていても、Eppendorf’s rolling cabinet付きCentrifuge5804/5804 Rまたは5810/5810 Rは、設置場所を自由に選べる柔軟性を備えています。実験台の上に十分なスペースがない場合や他の実験室に移動させて遠心機を使用したいとき、rolling cabinetがお役に立ちます。引き出しが付いているためローターやアダプターの収納場所に困りません。

Rolling cabinetに載せた遠心機は、蓋を閉じた状態で高さ90 cmの実験台にフィットします
› 4個のキャスター(2個はストッパー付)と引き出し付き
› 大きさ(幅×奥行き×高さ):70 × 45 × 62 cmまたは27.5 × 17.7 × 24.2 in

Centrifuge 5810/ 5810 R

特徴

  • スイングバケットロータおよびアダプターは、0.2 mL~750 mLのチューブおよびボトルに対応しています
  • あらゆるタイプのMTP、PCR、細胞培養、またはDeepwell Platesの遠心分離のためのプレートローター
  • 0.2 mL ~ 85 mLのチューブ内で高速使用するための定角ローター
  • 高速遠心分離、最大速度20,913 × g(14,000 rpm)
  • エアロゾル密閉Eppendorf QuickLock®キャップおよびカバー、容易な片手の操作用
  • 静かに触れるだけでカバーが閉じる遠心機の蓋
  • サンプルの容易なロードおよびアンロードのための29 cmの低いアクセス高
  • 作業環境を改善する静かな操作
  • コンパクトな設置面積が、貴重な作業台スペースを節約します
  • 操作の安全性を最大化するための自動ローター認識およびインバランス検出

冷却遠心機5810 Rの追加機能

  • 温度範囲:-9°C~40°C
  • FastTemp 高速予冷用の機能
  • 運転終了後、継続的な冷却が一定の温度を維持し、サンプルは冷却されたままです
  • ECOシャットオフは、エネルギー消費を削減し、コンプレッサー寿命を延ばすために、使用しない場合は8時間後に実行されます。
  • 冷却性能の最適化のためのダイナミックなコンプレッサー制御(DCC)テクノロジー
 5810 R
最大 RCF20,913 × g
最大 固定角ロータ付きのRCF20913 × g
最大 イングバケットローター付きのRCF4500 × g
最大 プレートローター付きのRCF3486 × g
速度200 – 14,000 rpm
利用可能なローター18
最大容量4 × 750 mL/4 × 4 MTP
加速/制動ランプ10/10
プログラム数35 のユーザー定義プログラムを保存
タイマー1 分~99 分、連続動作機能、ショートスピン
ディスプレーlarge, brightly lit LCD
ノイズレベル<56 dB(A)
容量レベル3 L
電源202 V, 50 – 60 Hz
最大電力消費1650 W
寸法(W × D × H)70 × 61 × 35 cm
設置面積(フロントパネルなしの寸法、WxD)70 × 54 cm
高さ(蓋開放)80 cm
アクセサリーなしの重量99 kg
冷却冷却
温度制御範囲-9 °C~40 °C
ノイズレベル 
ローター  FA-45-6-30 (6×50 mL)<55 dB(A)
ローター  S-4-104 (4×750 mL)<56 dB(A)
ローター  S-4-72 (4×250 mL)
Centrifuge 5810/ 5810 R
動画: Centrifuge 5810/ 5810 R – ビデオ – 5810-R-Pgm_1080p-MP4-high-res_Video

こちらにもご興味があるかもしれません