遠心機

Eppendorfがライフサイエンスの革新を支える研究の中核となるEppendorf Microliter Systemのメインコンポーネントとして最初の遠心分離器を導入したのは1964年。今やEppendorfの名は、創造性豊かなデザイン、革新的な技術、そして長年に渡る成果の結晶として高い信頼性に裏打ちされた性能の代名詞になっています。
Eppendorf Microliter Systemに不可欠な製品の1つとして1964年に導入した初のEppendorf遠心分離機は、世界中のライフサイエンスの研究に革命をもたらしました。今日まで、Eppendorfの名は、時代を超えた創造的なデザイン、革新的な技術、そして確かな性能の代名詞となっています。
製品開発へのEppendorfのアプローチは、お客様のニーズに耳を傾け、実験室のルーチンを理解し、将来の動向を先取りすることです。その結果、遠心分離機の包括的ラインは実験室で必要な様々な用途に対応できるように開発されました。
私たちが目指すのは、心からご満足いただけるだけでなく使って楽しい製品ソリューションを提供することです。Eppendorf遠心分離機は、実験で必要とされる回転速度と容量を満たし、比類のない人間工学的な操作性と優れた温度管理性能を提供することで、この目標を実現しています。
この信頼のおける基本技術によって、遠心分離のエキスパートパートナーとしてお客様のお役に立てることを誇りに思います。