細胞工学

マニピュレーションは、生命科学分野の実験に求められる幅広い要求事項に応えるために生まれた技術です。多くの場合、マニピュレーションが細胞に与えるストレスは化学的なトランスフェクションなど、マニピュレーション以外の技術に比べて少なく、実験結果の精度向上にも寄与します。
30年に及ぶ細胞マニピュレーションの経験を持つEppendorfが、生命科学の世界で行われるマイクロマニピュレーションおよびマイクロインジェクションを最大限に支援します。多種多様なアプリケーションに対応するシステムをお届けするメーカーとして、Eppendorfはお客様ごとの必要に合わせた細胞マニピュレーションのためのソリューションをお届けします。
細胞操作は、広範な生物学的課題に取り組むことができる、さまざまなメソッドで構成されています。Hans Spemannの時代から、極微操作テクニックが、細胞生物学に成長途上の基本的な現象の解明に著しく大きな貢献をしてきました。最も広く知れわたった話題は、1996年に行われた核の移植によるクローン羊のドリー誕生の話です。

今日では、細胞操作メソッドは、再生テクノロジーに支援され、人および動物に、および細胞研究のさまざまな領域で使用されています。これらのメソッドは、遺伝子組み換え生物の作成、付着性細胞への注入、胚および成長初期段階の小さな生命体の研究などのアプリケーションに不可欠です。
Eppendorfは、30 年以上も前から、細胞操作のエキスパートパートナーであり続けてきました。Eppendorfは、極微操作実験での最良の結果を達成するための、最高のツールを提供できるように努力を重ねています。Eppendorfの新世代細胞操作装置は、精度および性能に関する最高の基準を目指す意思を如実に物語っています。

新しい電子マイクロマニピュレーターのTransferMan® 4rおよびInjectMan® 4は、直観的なユーザーインターフェースと前例のない動作制御を結合した製品です。包括的な最先端機能は、ワークフローの支援およびスピードアップに著しく貢献します。Eppendorfの一連の細胞操作製品に加え、これらのマニピュレーターを、さまざまな極微操作アプリケーション用の理想的なプラットフォームとして使用することができます。また、新しいTransferMan® 4mも、ヒトの体外受精の分野での難しいアプリケーションに最適のツールです。
Eppendorfの目標は、細胞操作の要件を満たしている最高のソリューションを提供することです。Eppendorfでは、特定のアプリケーション用の極微操作ワークステーションを幅広く用意しています。Eppendorfの細胞操作システムは、主要な顕微鏡メーカーの一般的な装置に対応していますから、お好みの顕微鏡を極微操作システムに組み込むことができます。

細胞の極微操作には、精度、信頼性、高速のサンプル処理が必要です。Eppendorfの使命は、細胞の操作と、それを超える、生命科学実験用の最高のツールを堅実に提供していくことです。