DASware® Analyze

Image – DASware analyze single
Image – DASware analyze single

培養ユニット、ラボアナライザー、オートサンプラーの統合化により、プロセス実態を十分明らかにし、バイオプロセス向け自動ソリューション範囲を広げることが可能です Eppendorf DASware分析ツールは、プロセス開発をさらに効率的なプロセス開発を遂行する環境をエンジニアに提供します 詳細情報

Order Info
さらに見る (6)

製品情報

DASware分析機能により、バイオリアクターシステムにサンプリング/分析ラボ機器をシームレスに統合することが可能です。アナライザーの広範囲および拡張範囲については、栄養アナライザー、セルカウンター、バイオマスモニター、HPLC、マススペクトロメーターなどの間で統合化を図ることができます。OPCネットワークプロトコルならびにModbus®プロトコルは、バイオリアクターシステムとアナライザー間の相互接続を可能にします。例えば、オンライン解析データに応じてバイオリアクターシステムから直接フィードバックを受けることができます。 こうした相互接続によれば、栄養物、バイオマスあるいは産生物の濃度データのフィードバック管理を容易に行うことが可能です。オンライン計算ツール、イベント/データ主導決定ツールなどの機能をサポートします。双方向OPC通信では、機器サポートできるため、要求に応じたサンプリングのほか、プロセス依存アナライザパネル選択などの機能が利用できます。

特徴

  • バイオリアクターコントロールユニットと弊社製以外のラボ装置/機器の統合化
  • オプション機能として、双方向性OPC相互接続、プロセストリガーフィードバック管理ループ/サンプリングが使用可能
  • オンライン計算ツールやイベント/データ主導決定ツールなどが利用可能
  • 既存のベンチトップ装置との統合化、プロセス理解の向上、至適プロセス管理などを通じてユーザーに大きな利便性
  • こうしたシステム統合化が可能となる機器としては、栄養物アナライザー、セルカウンター、バイオマスモニター、スペクトロメーター、自動プラットフォーム、オートサンプラー、HPCL、Raman分光測定装置などがあります。