Fibra-Cel®ディスク

Image – CelliGen 310 vessel with Packed Bed impeller, controller detail
Image – Fibra-Cel disks blue version, 2
Image – CelliGen 310 vessel with Packed Bed impeller, controller detail
Image – Fibra-Cel disks blue version, 2

Fibra-Celディスクは、浮遊細胞および足場依存性細胞の培養収率を高めるために使用される実績のあるキャリアシステムです。Fibra-Celは、使い捨てバッグ、振盪フラスコ、その他のバイオリアクターシステムでも使用することができます。 詳細情報

Order Info
さらに見る (1)

製品情報

Fibra-Celは、定評のある哺乳類、動物、昆虫の細胞の培養基材で、組み換えタンパクや組み換えウイルスなどの、分泌産物の生産に主として使用されています。Fibra-Celを使用すると、接着性細胞の高密度培養を長期間続けることができます。目詰りする危険性がなく、最終産物から細胞を分離するための細胞濾過を行う必要がありません。

成長サイクルの第7日でのFibra-Celディスクに培養しているHEK-293細胞

Fibra-Cel®ディスク

Fibra‑Celディスクの高解像度マイクログラフがポリプロピレンサポート付きポリエステルメッシュを示します

Fibra-Cel®ディスク

特徴

  • Fibra-Celは、基板による圧力低下が小さく、変動が最小化され、基板全体で細胞の増殖力が維持されます
  • 面積対容積比が高く、バイオリアクター内に保持可能な生物量が多く、細胞生成物の生成が大幅に促進されます
  • 繊維内に取り込まれた細胞は乱流から遮蔽され、撹拌羽根およびスパージャーの気泡による剪断力の影響が非常に小さい
  • 標準のマイクロキャリアシステムより栄養分および酸素の物質移動率が高い
  • Fibra-Celは、厳しい品質基準に従って製造され、テストされています
  • USP Class VIのポリプロピレンおよびポリエステル製の不織布

アプリケーション

  • ハイブリドーマ細胞:DA4-4、123A、127A、GAMMA、67-9-B
  • 足場依存性細胞: 3T3、COS、ヒト骨肉腫、MRC-5、BHK、VERO、CHO、rCHO-tPA、rCHO - B型肝炎表面抗原、HEK 293、rHEK 293、rC127 - B型肝炎表面抗原、正常ヒト繊維芽細胞、ストロマ、肝細胞
  • 昆虫: Tn-368、SF9、rSF9、Hi-5

こちらにもご興味があるかもしれません