epMotion®ソフトウェア

epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア
epMotion®ソフトウェア

epBlueソフトウェアはepMotionワークステーションにプリインストールされ直感的な操作と、リキッドハンドリングアプリケーションの柔軟なプログラミングが可能になります。
epMotion設定に依存してソフトウェアをepBlue IDサンプル追跡モジュール、epBlue GxPコンプライアンスモジュールか誘導型ソフトウェアアシスタントを使用して変更できます。 詳細情報

Inquire Now
さらに見る (11)

製品情報

簡単でわかりやすい。epBlue経由でピペット操作ルーチン作業を実行。 ホームセクションで目的を選択し、革新的なガイドメニューを使用してepBlueコマンドを左から右に追跡。ピペット操作パターン認識、ラボウェアデータベース、液体クラスにより、時間のかかる作業を容易にプログラム可能。
作業台の容易なセットアップ、ピペット操作コマンドの選択、シミュレーション、起動。 epBlueの操作とプログラミングが容易で迅速。

もっと見るをクリックしてepBlue IDepBlue GxPさらにepMotionEditorソフトウェアについてご覧になれます。

epBlue ID:バーコードベースのドキュメント作成、実行リスト、LIMSやELNとの通信の簡素化のためのepBlueの拡張モジュール 手動バーコードリーダーおよびバーコードリーダー用スタンド付属 epBlueソフトウェア(5075 018.004)とあわせてご注文ください。 epBlue IDモジュールは、epMotion5075MC PCバージョンを除くすべてのepMotion PCバージョンと互換性があります。epMotionパネルバージョンとは互換性がありません。


epBlue GxP: 自動ピペッティングシステム、epBlue GxPソフトウェア、保証書、特殊な認証/検証サービス(たとえばIQ/OQおよびユーザートレーニング)で構成されています。epMotion GxP自動リキッドハンドリングシステムは、GAMP 5ガイドラインに従って開発され。 21 CFRパート11、58、211、GLP、GMP、GCP.のソフトウェアと文書化要件に基づくものです GxPシステムは、規制条件が高い実験室において、プロセスの検証のために必要な費用と時間を節約する上で役に立ちます。これが可能になるのは、製造メーカー、Eppendorfが、
システム検証の主要部分をすでに完了しているためです。


epMotion Editor:epMotion用オフラインPCソフトウェア。 PCエディターを使用してメソッドの生成、PCでの編集とシミュレーションが可能です。メソッドはUSBスティックを使用してepMotion MultiConかEasyConへ、また、MMCカード経由でコントロールパネルへ転送可能です。

epBlue — プログラミングを簡素化


› 直観的GUI
› 96 / 384 ウェルでの複雑パターンの容易なプログラミングを可能にするパターン認識(写真参照: ソースとターゲットポジションが同色 - epBlueがパターン認識して次のフィールドを提案)
› 大規模ラボウェアデータベース―あらゆるラボウェアを使用可能
› 液体等級―最高級のパフォーマンスを発揮する各種液体の滴定
› CSVインポートファイルで正規化し優位データを選別可能
› 3D実行シミュレーションで安心の操作。 アプリケーション開始前に実行シミュレーションが可能
› ユーザー管理

誰でもできる誘導型プログラミング


革新的なEppendorfソフトウェアアシスタントコンセプトのおかげで自動リキッドハンドリングシステムのプログラミングがさらに使い安kうなりました。 いくつかの簡単な質問に答えるだけで進行できるプログラミング。 epMotionを使用できる迅速かつ容易な方法で、メソッドもほとんどトレーニングに時間を費やさずに開始できます。 各種用途別アシスタントがPCR セットアップ、核酸調製、一般リキッドハンドリングを容易にしてくれ、Eppendorfは今後アシスタントを拡張していきます。 新しいソフトウェアアシスタントはプログラミング知識をさほど必要とせず、ラボの新米でもすぐにオートメーションを開始できるほど直感的です。

› デスクトップアイコンからクイックアクセス
› 誘導型の段階的プログラミング
› 次回使用できるように設定を保存します
› メソッドをepBlue ソフトウェアで変更可能なように保存します
› 3× Prepアシスタント
› 4× PCRアシスタント
› 7× LHアシスタント

epMotion®ソフトウェア

epBlue ID — セキュアるなバーコードスキャントラッキングドキュメント


epBlue IDソフトウェアモジュールでラボ情報管理システム (LIMS)と安全にデータ交換、 社外通信を簡素化します。 バーコードリーダーで全チューブタイプやマイクロプレートのバーコードを記録できます。 試薬はタイプ別ロット番号別に文書化できます。 バーコードスキャンは手作業ですが、epBlue IDがIDをデータベースに保存するのでいつでも検証可能です。 サンプルIDと最終保存場所を含む結果ファイルはepBlue IDがリキッドハンドリングプロセス完了時に生成します。 結果IDリストをネットワークドライブにエクスポートして  LIMSへアップロードできます。

› スキャン手順のビジュアルガイド
› 試薬タイプとバッチの文書化
› LIMS作成ワークリストと互換

epMotion®ソフトウェア

epBlue GxP — 21 CFRパート11 規制準拠のソリューション


GxPソリューションはGAMP 5準拠で開発し、21 CFR part 11、58、211、820、GLP、GMP、GCPの組織・プロセス要求事項に準拠して適合されています。 epBlue GxPソリューションの構成:
epMotion自動ピペッティング システム、ソフトウェア、サービス -
工程バリデーションと適格性確認の手続き時間を大幅に短縮します。 Eppendorfはサプライヤーとしてすでに
規制上必須のシステム バリデーションと適格性確認の基幹的部分に対応済みです。 その分、用途別妥当性検証に焦点を当てることができます。

› 電子文書一式
› ユーザーレベル管理とアクセス制御
› 監査証跡とログファイル
› 改訂管理
› 設定可能ワークフロー管理
› デジタル署名文書のエクスポートと保管
› バーコード利用のepBlue IDトラッキング (オプションの拡張)

epMotion®ソフトウェア

特徴

  • グラフィカルユーザーインターフェース
  • 操作が容易
  • ワークステーションと実行シミュレーションの3D表示
  • アクセスコントロールとユーザーレベル管理
  • インポートファイルで正規化し優位データを選別可能
  • プロトコルの印刷と保管
  • スキャン手順の視覚的追跡
  • LIMS作成ワークリストと互換
  • 監査証跡とログファイル
  • 電子証明書は業界標準アルゴリズムで作成します

アプリケーション

  • プロセス文書化が要件の場合に使用します
  • ラボ情報管理システムとの簡単で安全なデータ交換
  • ソースとターゲットポジションを取得して文書化
  • GLP規格準拠の結果/実行レポート文書化
  • 汎用バーコードリーダー、2Dバーコードを含む一般的なバーコードタイプと互換

こちらにもご興味があるかもしれません