MagSep Reagent Kits

MagSep Reagent Kits
MagSep Reagent Kits

1 から24のサンプルの自動核酸精製用のEppendorf MagSep試薬キットは、  – 実験作業の時間を節約します。 詳細情報

Inquire Now

製品情報

MagSep試薬キットは、epMotion® 5073mと5075mと併用し、生物製剤サンプルから核酸を自動的に精製します。 磁気ビーズ、Proteinase K、およびその他のすべての試薬は、epMotion用の特別なトレーで事前に用意されます。24精製が4セット。 MagSep試薬は、高度に純化された核酸を非常に高い生産量で供給します。 特別なPrepAssistantソフトウェアは、epMotion 5073m又は5075mと結合して、毎日の使用のための自動核酸精製によって、段階的なガイダンスを利用した簡単な操作が可能です。

すぐに使える試薬が1–24のサンプル用の特殊トレイに入ります。 容器を開いて、作業テーブルにトレイを載せると、epMotionがすべてのピペッティングを行います。 サンプル数が24未満の場合、トレイは後で使用するために保管できます。 すぐに使える試薬で最小の実験時間、特別epMotion試薬トレイ、簡単なソフトウェア補助などのメリットがあります。 epMotion(代表的なA260/280の比率は1.8対1.9です) を使用して良い歩留まりと精製度を確保し、最適化した化学と3D-MagSep技術による手動または自動化の方法を手に入れます。これは、遺伝子型、塩基配列、リアルタイムPCR、その他の酵素または化学反応などの各種下流アプリケーションでの信頼性の高い再現可能な結果を保証するものです。

T7ファージDNAは血漿中に存在し、手動のキットおよびepMotion M5073で使用できるEppendorf MagSep Viral DNA/RNA キットによりDNAを抽出します。個々の方法による回収率はqPCRにより評価され、それぞれのバーはCp平均値と6回の再現のSDを示しています。詳細についてはアプリケーションノート269をダウンロードしてご覧下さい。

MagSep Reagent Kits

24個マウステールサンプルからMagSep gDNA tissueキットを用いて抽出したゲノムDNAの電気泳動;10mgの組織から10 µgの高分子DNAが得られました。溶出液量は75 µLで7.5 µLをロードしました。
詳細についてはアプリケーションノート267をダウンロードしてご覧下さい。

MagSep Reagent Kits

Typical yield of 9 µg gDNA from 200 µL of blood purified via MagSep gDNA blood kit versus manual process of purification (n=3).
MagSep gDNA bloodキット利用時と手動精製時の200µLの精製血液からのゲノムDNA抽出量の比較(標準抽出量9 µg)(n=3)詳細についてはアプリケーションノート268をダウンロードしてご覧下さい。

MagSep Reagent Kits

特徴

  • 手動精製と比較して高い生産量
  • 高い核酸純度、PCRまたは他の酵素反応に最適
  • キットタイプおよび残りのサンプル量の自動認識
  • トレーあたり1~24サンプルで可変使用(4℃で一時保管)
  • 特別なトレーによる最小限の準備時間
  • DNA LoBind容器での解明(供給済み)
  • 室温での保管

アプリケーション

  • 組織および細胞の培養またはバクテリアからのゲノムDNA - MagSepTissue gDNAキット
  • 200uLの全血からのゲノムDNA - MagSepBlood gDNAキット
  • 血清、血漿、またはその他の細胞のない体液からのウィルス性の核酸 - MagSepviral DNA/RNAキット

こちらにもご興味があるかもしれません