epMotion® 5075vt

epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt
epMotion® 5075vt

統合真空フィルター、ミキシング、温度制御を一つのシステムに組み合わせて、さらに複雑なアプリケーションを自動化します。epMotion 5075vtは、自動精製プロトコルとエッペンドルフThermoMixerを必要とする他の分析が離れていても問題なくできます。5075vは、MultiCon 工業用 PCで制御され、CleanCapと最大2台のサーマルモジュールで構成することができます。 詳細情報

Inquire Now

製品情報

epMotion 5075vtは生産性向上、柔軟性向上用です。epMotion 5075vt統合バキュームステーションおよびEppendorf ThermoMixer®内で、バキュームフィルタレーションまたは磁気ビーズに依存した精製手順の、本当の意味での自動化が可能になります。

一体型真空ポンプ


このバキュームステーションは、グリッパーで脱着することができ、任意のフィルタープレートタイプに自動的に適合します。統合バキュームステーション内蔵ポンプによる静粛な動作音、チューブや配線の接続もリザーバーのメンテナンスも不要。Eppendorfシリコーンマットアクセサリーは時間と予算を節約します。
それはサンプル数が少ないときに96ウェル プレートの一部のみ使用することができるからです。VACサーモリッド アクセサリーはエタノールをより速く蒸発させ抽出時間も大幅に短縮します。

epMotion® 5075vt

Eppendorf ThermoMixer®


完全統合型Eppendorf ThermoMixerは2D-Mix-Control搭載で歩留りと応用結果が改善し、例えばバクテリアペレットか磁気ビーズの再度懸濁も可能になります。サンプルや試薬の加熱/冷却用ペルチェ素子。次のepMotionバージョンにはEppendorf ThermoMixer capability、M5073、5075t、5075m、5075vtを装備しています。epMotion 5075l、5075v、後継バージョン 5075LH and 5075VACではEppendorf ThermoMixerアップグレードもご利用になれます。

epMotion® 5075vt

チップ再利用機能


新製品epMotionシステムはチップを再利用でき同じウェルを何回も洗浄する段階
では経済的なツールになります。 この場合特殊epT.I.P.S. Motion SafeRack チップをお勧めします。ピペットチップは取り出したボックスの元の位置に戻します。戻したチップはその時の用途の範囲内で同じ採取源容器に再利用できます。

› 使用済みチップ間の交差汚染を回避するようにラック内で個々の区画に分かれています
› 標準とPCR clean品質があり50、300、1000 µLに対応

epMotion® 5075vt

特徴

  • 5075v, plusと同様
  • Eppendorf Thermomixer®2DMix-Controlテクノロジーと統合
  • 温度制御範囲RT以下15 °Cから95 °C
  • 混合のためのラボウェアの自動修正
  • シェーキング中の標準位置でのピペッティング

アプリケーション

  • epMotion 5075v, plusと同様
  • 混合と温度制御を伴うビーズ用途
  • シークエンシングとPCRクリーンアップ
  • 核酸精製
  • 細胞の懸濁
  • 免疫測定
 epMotion® 5075vt
SLAS/ANSI デッキポジション12
グリッパー搭載容量1,200 g
ピペッティングタイプエアークッション
冷却速度4 °C/min
加熱速度9 °C/min
操作電子式
攪拌頻度オフ、300~– 2,000 rpm、ラボウェアおよびアプリケーションに最適化
温度均質性最大10%ブロック
アプリケーションNucleic acid purification
加熱速度5 ℃/分、ブロック
冷却速度3℃/分、ブロック、RT以上
容量レベル0.2 µL – 1 mL
電源100 – 240 V ±10 %, 50 – 60 Hz ±5 %
最大電力消費700 W
寸法(W × D × H)107 × 61 × 67 cm / 43 × 24 × 27 in
アクセサリーなしの重量90 kg / 198.4 lb
温度範囲RT以下–15°Cから95°C、75%充填時ラボウェアで測定
Eppendorf ThermoMixer® 
最大負荷1,000 g (2.2 lb)
混合期間5秒–120分
温度範囲RT以下15 °Cから95 °C
速度300 rpm – 2,000 rpm
サーマルモジュール(オプション) 
温度範囲0°C~110°C
真空ユニット 
吸引時間1~36秒 min
吸引範囲0.1-85 kPa
真空最大出力35 NL/min
導体– X、Y、Z ポジショニング 
ランダム測定誤差±0.1 mm
系統測定誤差±0.3 mm
検出器 
光共焦点赤外線検出器充填レベル、挿入されたツール、ラボウェア、チップの種類と数量の非接触認識
光学式センサー充填レベル、挿入されたツール、ラボウェア、チップの種類と数量の非接触認識
ディスペンシングツール 
ランダム測定誤差 (1 µL)1,2≤ 3 %
ランダム測定誤差(1,000 µL)1,2≤0.15 %
ランダム測定誤差(50 µL)1,2≤0.4 %
系統測定誤差 (1 µL)1,2±5 %
系統測定誤差(1,000 µL)1,2±0.7 %
系統測定誤差(50 µL)1,2±1.2 %
1ピペッティングモード、フリージェット、プレウェット無し、蒸留水あり、@20 °C
2平均的ピペッティング性能に関するEppendorfアプリケーションノート168参照
epMotion® 5075vt
動画: epMotion® 5075vt – ビデオ – Institute of Biotechnology, Prague, Czech
epMotion® 5075vt
動画: epMotion® 5075vt – ビデオ – Esteve, Barcelona, Spain
epMotion® 5075vt
動画: epMotion® 5075vt – ビデオ – NGS Made Easy
epMotion® 5075vt
動画: epMotion® 5075vt – ビデオ – Institute for Pathology, TU Munich, Germany