epMotion® 5075t

epMotion 5075tc offers ideal temperature stability during liquid handling
An integrated on deck thermal module enables incubation steps on liquid handling robots
An integrated on deck thermal module enables incubation steps on liquid handling robots
A thermal mixing module simplifies temperature incubation on deck of aliquid handling robot
epMotion 5075tc offers ideal temperature stability during liquid handling
An integrated on deck thermal module enables incubation steps on liquid handling robots
An integrated on deck thermal module enables incubation steps on liquid handling robots
A thermal mixing module simplifies temperature incubation on deck of aliquid handling robot
epMotion® 5075t
epMotion® 5075t
epMotion® 5075t
epMotion® 5075t

ユニークなミキシング性能と優れた温度制御機能を実現し、信頼性のおける再現可能な実験結果を保証します。
epMotion 5075tは、14.5 デッキポジションと統合Thermomixerと組み合わせることができる高い柔軟性があります。MultiCon 工業用 PCにより制御され、CleanCapと最大2 台のサーマルモジュールにより構成することができます。l . 詳細情報

Inquire Now

製品情報

epMotion 5075tは、サンプル/試薬を混合、加熱、冷却するための統合Eppendorf ThermoMixer®モジュールを搭載しています。このモジュールはグリッパーで脱着することができ、混合ステップの前後にミキサーに分注することが可能です。Eppendorf ThermoMixerモジュールはソフトウェアで完全に制御され、ミキサーの作動中に作業台の他の位置へ分注することを可能にします。

ThermoMixer®


完全統合型ThermoMixerと2DMix-Controlで歩留りと応用結果が改善し、
例えば、バクテリアペレットか磁気ビーズの再度懸濁も可能になります。サンプルや試薬の加熱/冷却用ペルチェ素子
。次のepMotionバージョンはThermoMixer機能、M5073、5075t、5075m、5075vtを搭載しています。ThermoMixerアップグレードは
for epMotion 5075l、5075v、後継バージョン5075LH and 5075VACでもご利用になれます。

epMotion® 5075t

次世代シーケンス(NGS)でのサンプル調製


には人為ミスが関わり易い大量の手作業が必要です。Eppendorf epMotionリキッドハンドリングシステムは処理能力と一貫性のある結果が欲しいラボにとって不可欠なツールです。滴定、混合、温度制御、時期分離等NGSサンプル調製におけるラボ集約的作業の自動化で標準化された円滑なプロセスを可能にし、手作業時間を大幅に削減して人為的ミスを軽減します。
for 次世代シーケンスに関するIlluminaの TruSeq Stranded Total RNA & TruSeq Stranded mRNAライブラリ調製キット用epMotionオートメーション手法は「Illumina認定済」です。
epMotionシステム用の手法や説明書をVIPページからダウンロードしていただけます。

epMotion® 5075t

グリッパーツール


グリッパーツールがepMotion 5073 か5075バージョンのワークテーブル上にラボウェア移動を可能にします。 これはツールの自動交換で搭載し、ソフトウェアで容易にプログラム可能です。最大プレート5枚 をスタック可能

epMotion® 5075t

特徴

  • 5075l, plusと同様
  • Eppendorf ThermoMixer2DMix-Controlテクノロジーと統合
  • 温度制御範囲:室温-15ºC~95ºC
  • 最高2,000 rpmまでの混合のためのラボウェアの自動修正
  • シェーキング中の標準位置でのピペッティング
  • 14.5のデッキポジション、14の特殊な試薬リザーバーラック(3容器)用SLAS/ANSI+小型ポジション
  • 2×サーマルモジュールオプション

アプリケーション

  • 5075l, plusと同様
  • 混合と温度制御を伴うビーズ用途
  • シークエンシングとPCRクリーンアップ
  • 核酸精製
  • 細胞の懸濁
  • 免疫測定
  • NGSライブラリの準備
 epMotion® 5075t
SLAS/ANSI デッキポジション14,5
グリッパー搭載容量1,200 g
ピペッティングタイプエアークッション
冷却速度4 °C/min
加熱速度9 °C/min
操作電子式
攪拌頻度オフ、300~– 2,000 rpm、ラボウェアおよびアプリケーションに最適化
温度均質性最大10%ブロック
アプリケーションNucleic acid purification
加熱速度5 ℃/分、ブロック
冷却速度3℃/分、ブロック、RT以上
容量レベル0.2 µL – 1 mL
電源100 – 240 V ±10 %, 50 – 60 Hz ±5 %
最大電力消費700 W
寸法(W × D × H)107 × 61 × 67 cm / 43 × 24 × 27 in
アクセサリーなしの重量87 kg / 191.8 lb
温度範囲RT以下–15°Cから95°C、75%充填時ラボウェアで測定
Eppendorf ThermoMixer® 
最大負荷1,000 g (2.2 lb)
混合期間5秒~–120分
温度範囲RT以下15 °Cから95 °C
速度300 rpm – 2,000 rpm
サーマルモジュール(オプション) 
温度範囲0°C~110°C
導体– X、Y、Z ポジショニング 
ランダム測定誤差±0.1 mm
系統測定誤差±0.3 mm
検出器 
光共焦点赤外線検出器充填レベル、挿入されたツール、ラボウェア、チップの種類と数量の非接触認識
光学式センサー充填レベル、挿入されたツール、ラボウェア、チップの種類と数量の非接触認識
ディスペンシングツール 
ランダム測定誤差 (1 µL)1,2≤ 3 %
ランダム測定誤差(1,000 µL)1,2≤0.15 %
ランダム測定誤差(50 µL)1,2≤0.4 %
系統測定誤差 (1 µL)1,2±5 %
系統測定誤差(1,000 µL)1,2±0.7 %
系統測定誤差(50 µL)1,2±1.2 %
1ピペッティングモード、フリージェット、プレウェット無し、蒸留水あり、@20 °C
2平均的ピペッティング性能に関するEppendorfアプリケーションノート168参照
epMotion® 5075t
動画: epMotion® 5075t – ビデオ – Institute of Biotechnology, Prague, Czech
epMotion® 5075t
動画: epMotion® 5075t – ビデオ – Esteve, Barcelona, Spain
epMotion® 5075t
動画: epMotion® 5075t – ビデオ – Institute for Pathology, TU Munich, Germany
epMotion® 5075t
動画: epMotion® 5075t – ビデオ – NGS Made Easy